スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

140831 CS&タイタン

こんにちは。
突然ですが、私は大砲から末裔杖に転職しました。


140904_末裔杖ステータス


元々は大砲から鞭になろうかと考えており、転職カードも用意していたのですが、
手持ちの傭兵の育成や、9月のアップデート内容に含まれているであろう、
軍団傭兵の育成を考えて、超越で狩り出来たら良いなと考えて転職しました。


よって装備はあんまり用意しないまま転職に。
ちなみに、超越より花果山の方が効率良かった。あれ、意味ない…?


それはさておき、せっかくなので暫く末裔杖でやっていくことにしました。
8月最後のCS&タイタンのに、ぎこちないながらに挑んで参りました。


【今週の結果】(ついでに先週の分も)


・CS優勝(参加者4人)
・タイタン三回戦敗退
・先週のタイタン一回戦敗退


【今週の構成】


140904_タイタン構成


見た通り、一昔前に流行っていたぶっぱ構成です。
サッコとかが猛威を振るっていましたね。
手持ちのサッコはLv150なんですが、スキルも中途半端なので使えるレベルではないので使用せず。


あわよくば全部の範囲スキルをお見舞いしたいですが、
もちろん加護やら法力やらで対策を受けますから、
いかに多くの傭兵に何度ぶっぱするかみたいなそんなかけひきです。


何度かリーグやってみて思ったのは、火炎強打は出し惜しむべきじゃないってこと。
一列に加護入っていようが、酷寒精霊の矢とあわせてとにかく発動させます。


基本はギガス&ワシントンで被弾を取りつつ、
酷寒精霊→火炎が決まったあと、弱っている後衛なんかをギガス&ケイロニアで狙ってみたり。


ヒーローが太陽の試練を覚えていますので、前衛に牽制して加護をさせます。
そうすると後ろに加護入れてこなかったりするので、法力→雨とか決めたり。


ヒーローが火炎強打打てるのに監獄やらで動けなければ、ムィで浄化して動かしたりとか。
あと最後はもう酷寒精霊→火炎→破壊エネとか。


ゴリ押しに弱いので、サブタンカーとしてワシントンやムィを前衛に出したり、
ギガスのヒールで全体を回復してみたりとかで可能な限り延命していく。


スキル使ってると行動力がキツめになりますから、
自分の行動管理にかなり気を配らないと、全然傭兵動かなかったり。
まだまだぎこちないですが、やっぱり新しい構成は楽しい。


前置きが長くなりましたが、振り返りは続きからどうぞ。


----------------------------------------------------


まずはCS(出場者4人)


一回戦:相手が自動だったので勝利


決勝:ぐるみんさん(鋸)


確か編成は…
後列】ジロワ
中列】リカ爺
前列】聖ヒド


序盤に呪術書を活用してヒーローへの怨霊を防ぎ、まずは酷寒精霊→火炎強打の顔面アタックが決まります。
その後ヒーローに怨霊が入るものの、火炎強打は暫く動けなくなるので、あんまり問題ないかもしれない。


相手はこちらの退魔をゴリっと狙ってきましたが、基本防御なのでなんとか耐えつつ、
加護の隙間を狙って法力→中列のワシントンと交代してガードさせる。


暴風雨は後列にのみ入りましたが、法力のおかげで前・中列にも雨を当てることが出来たと思います。
更に監獄で前衛の自由を奪いながら、もう一度酷寒精霊→火炎強打が決まったはず。
結論、全ぶっぱ決まってたと思う。


最終的に相手はヒーローとロロしか残っておらず、
こちらは確か4人くらいが割と元気に生き残っていたので、時間が来て人数勝ちでした。


実際のところ一人としか戦っていないので、優勝って…。


続いてタイタンへ。


一回戦:フレイスさん(アト杖)


多分構成はこんなだったと思います。
後列】ジロワ
中列】爺カ関
前列】ドヒ聖


黄金杖のアト杖です。多分レジェンドだったかな?
こちらを警戒して、序盤から中列に爺加護をしてきましたが、
構わず酷寒精霊→火炎強打を浴びせます。


黄金杖の魔法を避けるために、こちらは前衛加護を意識です。
相手の関羽によって、こちらのギガスとうまは攻撃力を落とされますが、
結構連打してたおかげで、プレッシャーは与えられていた気がします。


杖の攻撃でこちらも消耗していましたが、なんと中盤に沈黙の呪術書が決まり、
そのまま暴風雨顔面アタック→酷寒精霊→火炎強打→破壊エネのフルコースのご注文でした。
結果、相手のミスからそのまま押し切った感じでした。


二回戦:ヒロキさん(アト剣)


多分、クラフリだと思います。


三回戦:銀猫さん(アト剣)


ひそかにアトラン初期から知っている人。
自分が復帰してからは、色々参考にさせて頂いておりました。


また、誇大妄想さんに動画撮影して頂きました。ありがとうございます。
アルレッキーノが見えたので、うまout→聖戦士inで防御面を優先。


構成は
後列】ワロア
中列】爺カ退
前列】ドヒ聖


序盤から積極的に前衛を攻めてきます。
まず最初に監獄もらってしまったのでちょっと防戦気味に。
あそこ浄化を読んでおいて、回避してから迅速→火炎強打が出来れば、
滑り出しとしては良かったのかも。


相手に退魔がいてこちらは爺1ですから、
迅速+加速で行動を上げましたが被弾処理が厳しかったです。
というか退魔を止める術がないので、加護クールにあわせて法力されたら処理出来ないですね。
かと言って加護してないと即興を貰ってしまうので、ムィ抜いてロロ入れとけば良かっただろうか。


終盤にギガスを前に出したところが勝敗を分けたかもしれない。
雨を打つ前に加速が切れたおかげで、最後に動けなかったムィでも出しとけば良かったです。


最終的に相手もかなり消耗していたので、もう少しギガスに頑張って貰えれば、
勝機が見えていた気がします。LTももう少し時間に余裕欲しかったですね。


相手3人の体力が雀の涙だったので、ギガスで1殴りor破壊エネで勝てたかもしれない。
もう1・2ターン早くカーミラ落としたかったですね~。悔しい。


ついでに先週のタイタン


一回戦:Chronosさん(槍)


もう構成忘れちゃいましたが、
ヒーローの火炎の槍、シルヴィの先制砲撃、リーバの怨霊と、
行動を削りまくって来る感じでした。


ぶっちゃけほとんど何もしないで負けたと言って良いです!!
ホルスでゴリラリーグばっかやってるせいで技巧派な方と戦っていないので、
経験が浅く、何もさせて貰えませんでした()勉強させて貰いますゥ!


----------------------------------------------------


というわけで、8月が終わってしまいましたね。
結果、初段は取れませんでした。まだまだ精進します。


それではこれにて。


関連記事

コメント

No title

どうも、先日のお初目の際は突然の鯖訪問にも関わらず色々ありがとうございます。
龍の試練の楽しさを知ることができたのはこのブログをきっかけにして、ほんとひばりさんのおかげ様々です。
すっかりはまっておりますよ。弊害でLVが上がらなくなってきたかも・・・・w

ところで超越に関して、私はかなり推してはいるんですが、特殊事情はちょいとあるかもしれんです。
というのも経験値を投入したい傭兵を出した時の構成上、超越が効率が良いのではなく相対的に他が効率が悪いという感があるので。
色々やってはみたんですが、1PTあたりの絶対的な経験値は花果山とかのほうがいいんですが、結局回転率で負けて超越のほうが効率がよくなっちゃうという結果に。遠距離も槍もいないとそうなっちゃいますね・・。
まぁそんな感じの目で見ていただければというところですw。

Re: No title

>Sunriseさん

先日はどうもです!
コツコツと龍の試練の情報を小出しにしていますが、改めてそう言って頂けると嬉しい限りです。


レベルが上げにはならないから、その辺も考えどころですよね。
自分リフバフを入れて龍の試練に行ったりすることもあります。
時間は限られてますから、もういいやって感じでw


経験集中を使っていることが多いので、
自分は花果山で武器外して龍発動→ギガスとワシ(鮮紅装備)でトドメを指す。
という形がベストかなって感じです。


鮮紅の経験アップ分が大きく、傭兵だけでも戦闘が1ターンで終わるので、
それならヒーローで倒してしまうより経験が多くなる方を選ぶみたいな。
非公開コメント

スポンサード リンク

まとめ記事

加速(不正行為)の一部始終を公開致します。

Profile

Hibari

Author:Hibari
オンラインゲームアトランティカの
ホルス鯖にてプレイしています。

当ブログはアトランティカの
攻略・検証・考察などを
中心に取り扱っています。

ギルド:Storia
国家:イグローク

Hibari
Lv170 末裔弓

Sub
Lv170 アト杖
Lv170 末裔弓
Lv170 末裔弓
Lv170 ベリーサ

その他

検索フォーム

Twitter

YouTube

アトランティカの攻略プレイなどを中心に掲載しています。

Ranking

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
1226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
503位
アクセスランキングを見る>>

QR CODE

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。